東海の季節おすすめスポット

乗鞍スカイラインの紅葉2022の見頃時期は?混雑状況やアクセスについて解説!

岐阜県高山市丹生川町の平湯峠と乗鞍岳を結ぶ、乗鞍スカイライン(のりくら)の紅葉は、見頃時期にはナナカマドやモミジカエデ、ダケカンバなどが赤や黄色に色づきます。

標高1684mの平湯峠から、乗鞍岳の標高2702mまで達する山岳観光道路なので、標高によってさまざまな紅葉が楽しめることで有名ですよ♪

今回は、乗鞍スカイラインの紅葉2022について、見頃時期・混雑状況・アクセスについて解説していきます。

ぜひ、お出かけ前の参考にしていただけたら嬉しいです。

乗鞍スカイラインの紅葉2022の基本情報

◆見頃時期:9月下旬~10月上旬

◆色づきはじめ:9月上旬

◆紅葉する木の種類:ナナカマド・モミジカエデ・ダケカンバ

◆入場料:無料

入場料は無料となりますが、乗鞍スカイラインを運行するシャトルバルを利用される場合は運賃が必要となります。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

◆住所:岐阜県高山市丹生川町岩井谷

◆駐車場:1,500台・無料

◆お問い合わせ先
①乗鞍スカイライン管理事務所・0577-79-2012
②乗鞍総合案内所・090-8671-3191

>>乗鞍スカイラインの公式HPはこちら

アクセス

【電車の場合】
JR高山駅から路線バスでほおのき平バスターミナルまで約50分、ここでシャトルバスに乗り換えて乗鞍岳山頂(畳平)まで約45分。

【車の場合】
中部縦貫自動車道高山ICからほおのき平バスターミナルまで約50分、ここでシャトルバスに乗り換えて乗鞍岳山頂(畳平)まで約45分。

シャトルバスの運賃

●ほおのき平バスターミナルからの場合

大人小学生
往復2,500円1,250円
片道1,290円650円
マイカー駐車料金無料(1,500台)

●平湯温泉バスターミナルからの場合

大人小学生
往復2,500円1,250円
片道1,450円730円
マイカー駐車料金(1日)

あかんだな駐車場

普通車600円・大型車2,400円・バイク300円

マイクロバス1,200円

スポンサーリンク

乗鞍スカイラインの紅葉2022の見頃時期

乗鞍スカイラインの紅葉は、麓から山頂までの高低差があるため長い期間紅葉を楽しむことができます。

例年、9月上旬から色付きはじめ9月下旬~10月上旬に見頃のピークを迎えます。

その後は高度を少しずつ下げ、10月下旬頃まで高原一帯を赤や黄色で美しく染め上げますよ♪

mitsu
mitsu
👇ホテル・宿探しはお早めに♪



乗鞍スカイラインの紅葉2022の混雑状況

 

この投稿をInstagramで見る

 

TakayaSato(@tky310)がシェアした投稿

乗鞍岳へ通じる乗鞍エコーラインの開通時期は、7月1日~10月31日です。

この期間中は、三本滝から標高の高い区間はマイカー規制がありますので、シャトルバスやタクシーを利用されるといいでしょう!

乗鞍エコーライン、マイカー規制についてはこちらから

乗鞍スカイラインの紅葉2022まとめ

以上、「乗鞍スカイラインの紅葉2022の見頃時期は?混雑状況やアクセスについて解説!」をお届けしました。

標高2700mから見る紅葉の景色は圧巻ですよ!

この贅沢な山旅を家族やご友人と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

岐阜の人気紅葉スポット8選!2022年の見ごろ時期やポイントをご紹介!暑い夏も終わり、いよいよ日本の秋の魅力である紅葉シーズンが到来! というわけで、大人も子どもも一緒に楽しめる紅葉スポットを...
愛知県のおすすめ紅葉スポット8選!2022年の見頃時期やポイントをご紹介!暑い夏も終わり、いよいよ日本の秋の魅力である紅葉シーズンが到来! 今回は私がおすすめする、愛知県の紅葉人気スポットを8選ピ...
香嵐渓の紅葉(もみじまつり)2022!見頃はいつ?ライトアップの時間や屋台についても!愛知県豊田市足助町(あすけちょう)にある香嵐渓(こうらんけい)は、東海地方を代表とする紅葉スポットとして人気が高く、毎年多くの人で賑わい...
  • この記事では、PR・アフィリエイトリンクを表記しています。